口臭の原因はさまざまですが、多くの方は口の中にその原因があるといわれています。口臭の原因として、とくに多いのが歯周病です。成人の8割が歯周病を患っているという統計結果もあります。あなたの口臭も歯周病のせいかも! なぜ歯周病で口臭がするのかどんな臭いなのか、歯周病の効果的な予防法正しい歯みがきのしかたまでまとめて紹介します。


スポンサーリンク



歯周病は口臭の大きな原因です!あなたの口臭ももしかしたら歯周病のせいかも!?

 

口臭の原因はいくつもありますが、歯周病が原因になっているケースがかなり多くあります。なんと、成人の80%が歯周病にかかっているというのだから! あなたの口臭も、もしかしたら歯周病のせいかもしれません。

 

歯周病になると、歯と歯ぐきの間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。ここにたまった歯垢(プラーク)や、歯垢が固まった歯石は、歯周病菌の住みかです。歯垢や歯石がたまってくると口臭がひどくなります。

 

初期の歯周病では歯ぐきがたまに腫れたり、歯みがきで血がにじむていどですが、さらに歯周病が進行すると、歯ぐきから膿がでたり歯がぐらついたりしてきて、最後には歯が抜け落ちてしまいます。膿が出るほどまで歯周病が進行すると、強烈な口臭がします。

 

歯周病の口臭は、うんこ臭いようなドブ臭いような、なにかが腐ったような臭い!

 

歯周病の口臭のモトはメチルメルカプタンと硫化水素です。これらは簡単にいうと「腐ったような臭い」です。うんこ臭い」とか「生ごみの臭い」とか「腐った玉ねぎの臭い」とか「ドブ臭い」とか、表現は人によりさまざまですが、かなりひどい臭いがするのは確かです。

 

歯みがきでよく血が出る、歯ぐきが腫れている、歯がぐらつくなど、自覚症状のある方はなるべく早く歯科を受診して歯周病の治療を始めましょう! 歯周病を放置しておけば口臭はどんどんひどくなるばかりか、やがて歯が抜け落ちてしまう恐れが!

 

歯周病の予防と治療のしかた

 

歯周病の予防は、なんといっても正しい歯みがきで歯垢を取り除くことにつきます。とはいえ、自力で完全に歯垢を取り除くのは難しいので、毎日の歯みがき(セルフクリーニング)+歯科で定期的なPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)を受けるのが効果的です。

 

PMTCは、歯科医師や歯科衛生士が専門の器具を用いて、歯石や着色汚れなどを除去し歯の表面を研磨するなど歯のクリーニングをすることです。予防を目的としたPMTCは基本的に保険適応外の自由診療になります。値段は施術するクリニックにより異なりますが、5000円~2万円が相場です。

 

歯周病の基本的な治療も歯石除去などのPMTCがメインです。こちらは治療なので保険適応となります。

 

虫歯も口臭の原因になる!

 

歯周病と同時に、虫歯も口臭の原因になります。虫歯になると歯に凸凹ができるので食べカスがたまりやすくなります。歯みがきでも取り切れない食べカスが腐敗して、やがて臭いを放つようになるのです。

 

また、歯の根まで進行した虫歯は歯神経を腐らせ、膿がたまるようになります。歯の根に膿がたまると口臭も膿の臭いになります。虫歯から自分でもわかるほど臭い液体が出てきたら・・・きっと、それは歯の根の神経が腐った膿です! 神経が死んでいるので痛みはないかもしれませんが、すぐに歯科を受診しましょう!

 

それでも治療せず放置しておいたり、歯の根の治療がうまくいかなかったりすると、歯の根のさらに先の、歯を支えているあご骨に膿がたまることがあるのですが、ときどき、この膿が歯ぐきに穴を開けて口の中にしみ出てきます。この膿ももちろんきつい臭いがするので、口臭がさらにひどくなります。ここまでくると、もう重度の歯周病です。臭いで不快どころではなく、歯を失うおそれがかなり高いので、早急に歯科を受診しましょう!

スポンサーリンク



歯周病も虫歯も予防する、正しい歯みがきのしかたを覚えよう!

 

8020運動」というのを聞いたことがあるでしょうか? 人間の体は食べることで維持されていますよね。歯に不具合があると、思うように食べられず、それが体じゅうの健康に悪く影響します。健康長寿の秘訣は歯の健康にありというわけで、80歳で自分の歯を20本維持しようというのが「8020運動」です。

 

日本人の歯の環境は、先進国でもかなり悪いといわれています。口臭予防のためだけでなく、全身の健康のためにも、正しい歯みがきのしかたをマスターしましょう!

 

ブラッシング下手なら電動歯ブラシを使って!


電動歯ブラシ フィリップス ソニッケアー 正規品 | 送料無料 PHILIPS sonicare ソニッケア 充電式 電動ハブラシ 音波歯ブラシ 電動 歯ブラシ はみがき 歯磨き ハミガキ 歯垢 ハブラシ 音波振動歯ブラシ 敬老の日 プレゼント 虫歯予防 白い歯 歯科医 おすすめ

 

正しいブラッシングのしかたを教えてくれる歯科医院はたくさんありますが、多くは手磨きをすすめています。その理由は、電動歯ブラシの力に頼ることで、ブラッシング自体が雑になってしまうため、そして、歯や歯ぐきに負荷がかかりすぎることを考慮してのことのようです。

 

でも、一般人のわたしの意見としては、電動歯ブラシすごくいいです! 一度使うと手磨きにもどれません! 使った後の歯のツルツル感がぜんぜん違います!

 

電動歯ブラシを使うのが悪いわけではなくて、ブラッシングが雑になるのが悪いので、そこはしっかり時間をかけて、ていねいにブラッシングすればいいわけです。

 


ブラウン オーラルB すみずみクリーンEX(1セット)【ブラウン オーラルBシリーズ】【送料無料】

 

手みがきは、ブラッシング技術に差がでやすいところがあります。上手に磨ける人なら手磨きでもいいのですが、ブラッシングが下手な人ほど、電動歯ブラシを使った方がいいと思います!

 

歯ブラシの形が縦長の音波振動歯ブラシ、歯ブラシの形が円い回転式歯ブラシ、電動歯ブラシには2タイプがあります。音波振動歯ブラシの方が歯ぐきに負荷がかかりにくく、回転式電動歯ブラシの方が歯垢除去力が高いといわれています。

 

音波振動歯ブラシの代表格はフィリップスのソニッケアー回転式電動歯ブラシの代表格はブラウンのオーラルB。国産では、パナソニックから音波振動歯ブラシのドルツが発売されています。

 

どれも虫歯や歯周病予防、さらに口臭予防には効果の高い製品なので、自分の使いやすさや好みで選んでいいと思います。我が家は家族そろってブラウンのオーラルBを使っています。近所のドラッグストアでも取り扱いがあるので、替えブラシが必要になったときに、すぐに購入できるところが魅力です。

 

磨き残しポイントを知り、そこを意識して磨く!

 

すべての歯1本1本をていねいに磨くのが理想ですが、歯は凸凹しているので、どうしても磨き残ししやすい場所がでてきます。磨き残しやすい場所を知り、そこを意識して磨くようにするのが、ブラッシングのコツです。

 

多くの方が磨き残ししやすい5つのポイントを紹介しますので、毎日の歯みがきに役立ててください。

 

磨き残しポイント1、奥歯

奥歯は歯ブラシが届きにくいので、磨き残しやすい場所です。奥歯の溝、奥歯の表・裏、さらに奥歯の向こう側までしっかり磨きましょう。個人的には、ブラウンオーラルBはヘッドが小さいので、奥歯が磨きやすいと思います。

 

磨き残しポイント2、前歯の裏

前歯の裏は、手磨きではけっこう磨きにくい場所です。1本1本に歯ブラシをあてて、ていねいに磨きましょう。

 

磨き残しポイント3、凸凹の歯

歯並びが凸凹している方は、どうしても磨き残しが多くなります。歯が重なったところや、隣の歯との側面を磨き残さないよう、注意しましょう。

 

磨き残しポイント4、歯と歯ぐきの境目

歯と歯ぐきの境目に歯垢がたまると、歯周病になりやすい場所です。1本1本の歯と歯ぐきの境目を意識しながらていねいに磨きましょう。

 

磨き残しポイント5、歯と歯の境目

歯と歯の境目は、じつは歯ブラシでは取れません。デンタルフロスや糸ようじを利用しましょう! これについては次に紹介します。

 

デンタルフロスや糸ようじを使う

 

いくらしっかり歯みがきしても、歯ブラシだけでは全体の60%ていどしか磨けていないといわれます。その理由が、歯ブラシだけでは歯と歯の境目が磨けないからです。ここに残った食べカスが虫歯や口臭の原因になりやすいのです。歯と歯の境目を磨くためには、デンタルフロスや糸ようじを使います。

 

デンタルフロスや糸ようじの糸は、弾力性のある細い繊維を数本を合わせてできています。これを歯と歯の間に入れて、前後に細かく揺らしながら上に引き抜き、境目についた歯垢をかきだします。さらに隙間の両側にある歯の側面もきれいに磨きます。

 

すべての歯と歯の間を磨くと、かなり口の中がすっきりしますよ! デンタルフロスや糸ようじを使うことで、80%ていどまで磨き残しを減らすことができます。

 

ちなみに、歯間ブラシでは不十分です。歯間ブラシは歯と歯の間に入らないので、歯垢をかきだしたり歯の間を磨いたりすることができません。

 

デンタルフロスを使うのは1日1回でじゅうぶんです。歯みがきのたびに使う必要はありません。

 

殺菌作用のあるデンタルリンス(洗口液)を併用する!

デンタルリンスや液体オーラルケア商品と呼ばれるものには2タイプあります。洗口液と、液体歯みがきです。

 

液体歯みがきは、口に含んでぶくぶくした後にブラッシングするもので、ペースト状の歯みがきが液状になったもの。

 

洗口液は、その液体で口をすすぐことで、口の中を爽やかにしたり口臭を予防したりします。殺菌作用があり、歯周病の予防効果があるものもあります。

 

歯みがきの仕上げに使いたいのは、歯周病や虫歯の原因菌を殺菌する作用をもつデンタルリンス(洗口液)です。寝ている間は唾液の分泌が減り口の中の菌が増殖しやすいので、就寝前の歯みがきの仕上げに洗口液を使うのが効果的です! 洗口液を口に含んだ後はうがいしない方がいいのですが、どうしても辛いなら、低刺激タイプを選ぶか、それでもきついなら使用後に軽くすすいでもいいそうです。

 

 

歯周病予防効果のある洗口液でおすすめなのが▲「シシュテック」です。「シシュテック」は、歯周病の予防と改善を目的として歯科用に開発された医薬部外品です。歯周病が気になる方や、歯科へ通院する時間の取りにくい忙しい方でも自宅でケアできると、多くの方に選ばれています。

 

有効成分は、歯周病予防に力を発揮する抗炎症成分の「グリチルリチン酸ジカリウム」、口の中の雑菌を減らし虫歯や口臭を予防する「イソプロピルメチルフェノール」、さらにローズマリーエキスやカモミールの成分、シラカバやカシからとれる「キシリトール」などさまざまな植物由来成分が配合されています。

 

「シシュテック」は、歯周病の改善と予防に開発された商品ですが、その効果は幅広く、歯を白くする虫歯や口臭を予防する口の中を爽やかに保つなど7つの効果があります。

 

歯周病はもちろん、口腔内の幅広い悩みに応える「シシュテック」。「口臭予防ができるマウスウォッシュを探していたけれどホワイトニング効果もできるとあって迷わず購入。白さが嬉しくてリピ決定です!!」と、絶賛の口コミがどっさり! 「ピリピリしないので子どもも使いやすい」と、家族で愛用している方も多いようです。

 

商品はいいけれど、やや高額なので購入を迷うという方が多い「シシュテック」ですが、初回はなんと77%オフで購入できるキャンペーンを開催中です! 上の画像から公式サイトに飛んで、ぜひ検討してみてくださいね!

 

 

ていねいな歯みがきには5分以上かかる!

 

電動歯ブラシでの全体のブラッシング、1本1本の間を磨くデンタルフロス、さらに仕上げの洗口液。これだけの手順をふむと、歯みがきタイムはゆうに5分以上かかります。

 

口臭で悩んでいるなら、まず歯みがきが十分にできているか、ここから見直しましょう! 自分できちんと磨けているかどうかのチェックのために、定期的に歯科のPMTCを受ければ、かなりの方の口臭が改善されるはずです!

 

まとめ

多くの方の口臭の原因は、口の中にあります。成人の80%がかかっているといわれる歯周病があるために口臭がする、という方はかなりの数にのぼるはずです。さらに虫歯も口臭の原因になります。

 

歯周病予防も虫歯予防も、基本は正しい歯みがきです。口臭に悩む多くの方が、正しい歯みがきができていないと思われます。正しい歯みがきのしかたをマスターして、きれいな息を手に入れてください!

 

正しい歯みがきをすると、口の中がとてもスッキリします。使った後のデンタルフロスは臭いので、口臭の軽減効果が実感できると思います。さらに洗口液を使うと、歯ぐきがきゅっとひきしまって、とても気持ちがいいですよ!

 

参考

「口臭がある」東京国際クリニック/歯科

https://www.period.tokyo/symptoms-type02/

「歯は全身の健康の原点」80歳になっても自分の歯を20本以上保とう

https://www.8020zaidan.or.jp/info/origin.html

「歯周病の治療方法」日本臨床歯周病学会

http://www.jacp.net/perio/brush/

「普通の歯ブラシ(手磨き)ではなく、電動歯ブラシにすべき?」東京国際クリニック/歯科

https://www.period.tokyo/column/707/

「液体オーラルケア製品の使い方」SUNSTAR

http://jp.sunstar.com/useful/usage/mouthwash/

 

スポンサーリンク