タバコの煙は髪につきやすいですよね。タバコを吸う人ですら、髪についたタバコ臭は嫌なものらしいです。吸わない人ならなおさらです! 髪になぜタバコ臭がつきやすいのか、さらにその消し方予防方法まで幅広く紹介します!

スポンサーリンク




タバコの副流煙は有害な上に臭い最悪!

 

タバコの煙には大きく分けて2種類あります。吸っている本人がタバコから直接吸い込む主流煙と、タバコの火が燃えているところから立ち上る副流煙です。

 

タバコを吸う人の息が臭いのは主流煙によるものですが、髪や服、さらに室内に残るタバコ臭は副流煙によるものです。なんとなく主流煙の方が体に悪そうで、臭いもきつそうなイメージがありますが、それは間違いです。副流煙には、主流煙の数倍にのぼる有害物質と臭い物質が含まれているのです。

 

つまりタバコの副流煙は、主流煙より数倍臭く、さらに人体にも数倍悪影響を及ぼすということです。

 

副流煙はタバコを吸っている人の近くにいるだけで吸ってしまいます。これが受動喫煙と呼ばれるものですね。受動喫煙はタバコを吸っている本人以上に健康被害を受けることから、近年問題視され、飲食店の分煙や職場の禁煙をしようという動きにつながっています。

 

この記事では健康被害については省略しますが、この健康被害をもたらす物質が臭いのです!

 

髪や服につくのは、主流煙より数倍臭い副流煙です。髪の長い女性はとくに副流煙の臭いがつきやすいもの。サラツヤの美髪がタバコ臭いなんて笑えない状況は作りたくないですよね。しかも自分で吸わないのに髪が臭くなるのはとても嫌なものです。タバコを吸う人も吸わない人も、しっかり対策していきましょう!

 

タバコの副流煙に含まれる臭い成分

 

タバコの煙は、ガスと直径0.4ナノメートル前後の微粒子からできています。ガス成分には一酸化炭素、二酸化炭素、アンモニア、硫黄化合物などが含まれています。粒子成分には水、ニコチン、タールが含まれています。

 

アンモニアは刺激臭がします。硫黄化合物は口臭の原因となる臭い物質です。タールは悪臭を放ちます。他にもさまざまな悪臭成分がタバコの副流煙にはふんだんに含まれています。

 

これらの悪臭成分は、もちろん主流煙にも含まれますが、副流煙の方が含有率は高くなります。タールは何と3.4倍含まれているという報告もあります!

 

副流煙はキューティクルと結びつきやすい!

焼き肉屋で髪が焼き肉臭くなってしまった! という経験のある人は多いと思います。あれには理由があります。

 

髪の表面を覆っているキューティクルには、油と結びつきやすい性質があるのです。そのため、焼肉屋に充満している臭い成分を含んだ油とキューティクルが結びつき、臭くなってしまっているのです。

 

それと同じことがタバコでも言えます。タバコの副流煙には主流煙の3.4倍のタールが含まれています。タールは油性なので、キューティクルと結びつきやすく、その結果、髪がタバコ臭くなってしまうのです。

 

しかも髪の表面積はとても広く、そこにたくさんのタールの粒子が付着します。髪の長い人や、傷んでキューティクルが開いている人はとくに表面積が増えるので、より臭いがつきやすい状態です。

スポンサーリンク



髪についた臭いを取る方法

 

以上のことから、髪につく副流煙の臭いの多くは、タールの粒子だということが分かりました。しかも油性のタールはキューティクルと結びつきやすいことも分かりました。これを踏まえて、髪の臭いを取る方法を考えていきましょう。

 

その1、シャンプーする

髪についたタール粒子を洗い落とすので、臭いをきれいに洗い流してくれます。髪の臭いを取るならシャンプーが一番確実な方法です。

 

その2、ドライヤーで吹き飛ばす

髪の表面についたタール粒子を物理的に吹き飛ばす方法です。ドライヤーを内側からしっかりかけて、タール粒子を外に追い出しましょう。

 

さらに効果的なのが、スチームを使う方法です。少し髪を湿らせてから温風で髪を乾かし、冷風で仕上げるとかなり臭いが取れます。これはスチームアイロンで臭いが取れるのと同じ原理です。

 

その3、ウエットティッシュを使う

出先などでシャンプーしたりドライヤーを使うことができないときに便利なのがウエットティッシュです。ウエットティッシュで髪の表面をポンポンとパッティングしたり、なでるだけでもかなり臭いが軽減されます。

 

ウエットティッシュはアルコール成分を含んだものの方が消臭には効果的です。アルコールは油となじみやすいので、タールとなじみがよく、落としやすいからです。さらに、ウエットティッシュタイプのシャンプーもあるので、これを利用してもいいですね。

 

ただし、アルコール成分を含んでいるものは髪を傷める原因になるので、ノンアルコールの方が良いという意見もあります。

 

その4、扇風機やうちわであおぐ、ヘアブラシを使う

扇風機やうちわを使っても、髪についたタール粒子を飛ばすことができます。ヘアブラシを使っても同じようにタール粒子を落とすことができます。

 

もちろんこれで臭いがなくなるとは言えませんが、臭いの軽減には役立ちます。

 

その5、消臭スプレーを使う

髪用の消臭スプレーがあります。これを利用するのも良い方法ですね。注意したいのは、臭いをつけてごまかすタイプではなく、臭いを消すタイプのものを選ぶことです。臭いタバコ臭にさらに強い臭いを重ねては、余計に臭いを増幅するだけになってしまいます!

 

髪に臭いをつけないためには予防が肝心!

 

もしあなたが喫煙者なら、または喫煙を大目に見ている職場で働いているなら、髪に臭いをつけないための予防策も考えていきましょう。飲み会や「今日は焼肉!」という日にも心がけたい予防法を紹介します。

 

予防その1、髪をコンパクトにまとめる、帽子をかぶる

コンパクトなまとめ髪にして、なるべく髪の表面積を小さくすると、臭い粒子が大量につくのを防げます。

 

同じように、帽子をかぶるのも効果的です。スカーフでもいいのですが、ファッション的にどうでしょう? イスラム教の女性がかぶっている布(「ヒジャブ」というそうです)、あれは臭いよけにすごく便利そうですよね!

 

予防その2、スタイリング剤でコーティング

キューティクルが開いていたり痛んでいると髪の表面積が広くなっていて、臭いの粒子がつきやすくなります。これを防ぐためにスタイリング剤でコーティングすることで、臭い粒子のつきにくい状態にできます。

 

滑らかで指通りのよい髪なら、ブラッシングだけでかなり臭い粒子が落とせそうですね!

 

予防その3、臭いを防ぐスプレーを使う

髪の消臭スプレーには、予防効果のあるタイプがあります。あらかじめこういった商品を利用するのもいいですね。

 

まとめ

今回は、なぜ髪にタバコ臭がつきやすいのか? それを落とす方法と予防方法についてまとめてみました。

 

髪はキューティクルの性質上、油を含んだ臭いと結びつきやすいので、タバコ臭や焼き肉屋の臭いがつきやすいことが分かりました。

 

これを落とすにはシャンプーが一番ですが、出先ではそうもいかないですよね。便利な対策グッズもあるので、賢く利用して消臭につとめてください。臭いがつかないように予防にも気を配るとさらに◎ですね!

 

髪がタバコ臭い女性って、かなりイメージ悪いですから、とくに女性の方にはしっかり対策していただきたいです。もちろん男性なら髪が臭くてもOK! ってわけではないので、男性も対策をお願いします。

 

でもじつは・・・。臭いって髪だけじゃなく全身につくんですよね。本当はタバコを吸わない、吸っている人に近づかないのが一番なんですが、そうもいかない方、服につく臭い対策も考えていきましょう!

 

参考

「喫煙防止教育パンフレットの解説」日本学校保健会 http://www.hokenkai.or.jp/3/3-5/3-55-02.html

「禁煙のすすめ」村田健保 http://www.murata-kenpo.or.jp/images/upload/58193ac9dfb53.pdf

スポンサーリンク